1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:41:11.84 ID:7oFeEq290

全レスはできないけど、特定されない範囲で答えるよ
一応執筆業だけで食ってるから、プロを名乗ってもいいかな?


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:41:52.28 ID:+Y69Y+Dy0

何歳でデビューした
あと、デビューしたきっかけ

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:43:25.95 ID:7oFeEq290

>>3
デビューは20台前半だね
とある賞に応募して入選はできなかったけど拾い上げで


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:42:44.55 ID:c5MyqHB00

>>1
代表作は?特定されるから無理か

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:45:25.21 ID:7oFeEq290

>>6
タイトルは言えないけど、デビュー作かな
編集のアドバイスとか無しに一から考えついたものだから
思い入れはある

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:46:23.20 ID:c5MyqHB00

>>18
なるほどね、俺はそういう作家好きだわ




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:42:59.99 ID:JFuQQ+TO0

ひとつ話を作るとき一番大変なのはどの過程?

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:47:54.10 ID:7oFeEq290

>>7
やっぱり話の中心となるテーマかな
ちょっとでもブレると途端に矛盾が生まれるから
構想段階で結構気をつかう


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:43:46.82 ID:7en8LDiv0

家族養えんの

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:49:31.46 ID:7oFeEq290

>>10
まだ20代で結婚願望はないからなぁ


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:43:54.34 ID:/aisdsnd0

数年後食いっぱぐれるのによく2chとかやってられるね。
馬鹿だから小説書いてんのか。

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:49:31.46 ID:7oFeEq290

>>11
そうです
文章書くしか能がないから小説家やってる


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:44:03.39 ID:4o1wBbeG0

オススメの小説教えて

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:52:44.88 ID:7oFeEq290

>>12
ありがちだけどエラリー・クイーンとか


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:55:57.29 ID:41XQ05nR0

エラリィ・クイーン好きとは、貴様ミステリファンか! 

82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:14:20.69 ID:7oFeEq290

>>47 
ミステリは伏線の張り方が巧いから吸収するためによく読む 


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:44:31.20 ID:3YdP9P7c0

ラノベとかってどう思う?

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:52:44.88 ID:7oFeEq290

>>13
表現の1つとしてはありだと思うよ
普段本を読まない人を対象にしてるわけだから、読書人口が増えてくれて嬉しい


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:44:56.42 ID:90b3KW5k0

恋愛小説?SF?ミステリー?

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:54:23.64 ID:7oFeEq290

>>15
まだ作風が定まってないからなんとも言えないけど
SF寄りかな


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:45:20.77 ID:j+fkH/c50

どんなジャンルを書いてるの?

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:54:23.64 ID:7oFeEq290

>>16
まだ作風が定まってないからなんとも言えないけど
SF寄りかな


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:45:20.97 ID:+Y69Y+Dy0

どこ住んでんの?

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:55:04.86 ID:7oFeEq290

>>17
東京のどこか


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:45:57.83 ID:q236saOw0

執筆業だけで食っていけるとか相当な売れっ子だぞ

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:48:20.14 ID:FMurWj+m0

>>19
いくつもの安い仕事を掛け持ちすれば売れっ子じゃなくても食って行けるだろう

48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:56:37.99 ID:7oFeEq290

>>28
その通りで、小説の他にライター業もちょくちょく入れてる
印税に比べると雀の涙程度だけどね


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:46:39.96 ID:7Ymot2Xn0

まぁ釣りだからな
小説家きどりのニートだろ

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:57:50.56 ID:7oFeEq290

>>21
小説家って基本的にはフリーターと変わらないと思うよ
違いなんて、個人事業主かそうでないかくらい


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:47:01.47 ID:fYk2ioc+0

好きな表現と文体は?

60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:01:37.98 ID:7oFeEq290

>>22
表現技法ってのがよくわからないけど、ミスリードはよく使う

110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:37:07.54 ID:fYk2ioc+0

>>60
俺はそれほど言語能力が高いわけではないからこれで通じるかわからないが
好きな表現ってのはまあ単純に好きな一文と捉えてもらっても良いかもしれない
俺はルカーチのある著作の序文
好きな文体ってのは例えばヴァレリーや谷崎さんの文章は共に美しくあるが
しかし彼らのその表現の方向性には官能が潜んでいて
これは他の美しい文章を書ける作家と異なる作者独自の描写の方向性になる
このように好きな描写の方向性はどんなものですかってことを聞いた
つーか辞書に書いてる通りの意味だから
わからないと思われたことが俺としてはよくわからない

135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:04:41.30 ID:7oFeEq290

>>110
そういう意味でなら森見登美彦の作風が好き
あの小難しい語彙の応酬と軽妙な言い回しは
圧倒的語彙力と文章力が無いと書けないと思う


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:47:06.38 ID:M/yucb800

技術とかどうやって磨いたの?

60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:01:37.98 ID:7oFeEq290

>>23
ひたすら文章書いた
大学も文学とは関係ない学部だったし、専門の教育なんて全く受けてない


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:47:16.43 ID:ceyat1a+0

どこ大卒?

66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:05:00.74 ID:7oFeEq290

>>24
都内の私立


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:48:21.34 ID:z+AK1U1i0

実際はライター業でしょ?

66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:05:00.74 ID:7oFeEq290

>>30
ライター業もやってる


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:48:33.32 ID:EXofJchRO

使用頻度の高い言葉
最高の版数

70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:06:52.12 ID:7oFeEq290

>>31

今のところ5


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:50:12.70 ID:QPsUFgb/O

プロは一日一個単語覚えるらしいですがどうですか?

71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:08:03.08 ID:7oFeEq290

>>34
どうなんだろう
でも、よく類語辞典を引くからその過程で覚えることはあるね

75:サイトの広告収入はWWFに寄付します:2012/03/19(月) 22:10:03.00 ID:b0yyDA220

>>71
使ってる類語辞典教えて

111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:39:49.18 ID:7oFeEq290

>>75
角川のやつ


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:52:12.32 ID:1tjeFFt30

普通に働きながらバイト感覚で小説書いてる人もいるよね?

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:09:48.25 ID:7oFeEq290

>>37
それが一番賢いと思うよ
専業はいつ食いっぱぐれるかわからないから恐ろしい


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:52:38.14 ID:7lnnzObKO

小説書くようになれる勉強法でオススメ教えて

43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:54:33.84 ID:ffbKKY7C0

>>38
ムツゴロウさんは他人が書いた小説をひたすら写してたらしいよ

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:09:48.25 ID:7oFeEq290

>>38
本を読むときに、情景描写とかも読み飛ばしたりしないで
精読するのが個人的にはおすすめ


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:53:15.10 ID:edZK58kr0

純文学ですか?

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:12:27.37 ID:7oFeEq290

>>41
NO 


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:54:37.80 ID:2vePwsfMP

アニメ化・ドラマ化を視野に入れた作品作りしてるの?
そういうのとは縁遠いジャンル?

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:12:27.37 ID:7oFeEq290

>>44
アニメ化やドラマ化しようと思えばできると思う
プロット書くときに脚本を意識して書くから、そういう意味では視野に入れてるといえるかも


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:55:12.21 ID:8EWqa99p0

一日で書ける量はどのくらい?

82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:14:20.69 ID:7oFeEq290

>>46
プロットが出来上がっていれば3万字くらいいける


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:57:12.47 ID:edZK58kr0

手書き?ワープロ?

86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:17:06.38 ID:7oFeEq290

>>49
ワープロっていうかPC


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:57:52.63 ID:TzRsxg3h0

自分が書いた中で一番思い入れのあるキャラについて
特定されない程度に語って

86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:17:06.38 ID:7oFeEq290

>>51
特殊な性癖を持った男
かなり特殊だから詳しく書くとすぐ特定されるかもしれん

91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:19:18.79 ID:TzRsxg3h0

>>86 
彼の特殊な性癖以外の、「陳腐」と言えそうな人となりはどんな感じ? 
敢えてストックキャラクターの型にはめてみて 

124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:53:28.41 ID:7oFeEq290

>>91 
どういうキャラクターかってこと? 
才能があるのに噛ませ犬っぽいところかな 

ってこんなのでいいの? 

142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:13:07.22 ID:TzRsxg3h0

>>124 
ありがと、そんな感じ 
特殊性癖以外の人となりは好感の持てそうなタイプなのかな、とか 


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 21:59:20.62 ID:G7yXfAe20

政治家ディスったりするの?

88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:17:52.46 ID:7oFeEq290

>>53
極力外部に敵を作らないように心がけてる


54:ぺろぺろ紳士 ◆p51RVEp752 :2012/03/19(月) 21:59:53.62 ID:ILLT94mK0

vipのSSってどうなん?

90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:19:15.32 ID:7oFeEq290

>>54
会話に特化したやつならいいんじゃないかな
あまり読まないからわかんない


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:00:08.64 ID:TzRsxg3h0

SF寄りってことは真面目に技術考証とか、無理にでも読者を納得させるムチャ設定
(ガ○ダムみたいなの)とか考えながらやってる?
それとも細かいことは考えなくて済むようにしてる?

94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:21:28.94 ID:7oFeEq290

>>56
既存の理論を使うと、専門の人に突っ込まれた時に死ぬから
未解明のものを自分なりに解釈して理論立てる
そういう意味では無茶設定か

97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:23:46.49 ID:TzRsxg3h0

>>94
ミノフスキー物理学式ってことだな、さんくす


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:00:46.09 ID:IBDP79mv0

テーマ設定してから書くタイプの人の文章苦手
ところで確定申告終わった?何色?

98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:24:01.88 ID:7oFeEq290

>>57
青色

100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:25:19.06 ID:IBDP79mv0

>>98
独特の勘定科目とかある?

129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:57:08.24 ID:7oFeEq290

>>100
青色は面倒くさいから税理士に任せてる
敢えて言うなら生活費が色々経費で落とせるところ


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:00:54.49 ID:ZdhW/JlW0

とある新人賞に応募しようと半年前から書いてたんだが
今回から加わった選考委員の一人が直前になって誌上で
行はできるだけ開けないで、三人称に挑戦してほしいとか言ってんだけど、どうするべき?

64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:03:44.30 ID:TzRsxg3h0

>>58
横やりですまんが
お前の書いてるソレはおそらく小説じゃなくて絵のないADVだ

98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:24:01.88 ID:7oFeEq290

>>58
元々三人称使ってるなら問題ないけど
いきなり作風変えるのはよくないんじゃないかな
芥川賞作家の綿矢さんとか、三人称に変える過程で結構苦労してるみたいだし


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:01:45.00 ID:rhjbCr890

一作品書くのにどんくらいかかる? 手書き?

104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:30:30.12 ID:7oFeEq290

>>61
早ければ1ヶ月
遅ければ構想も含めて1年


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:02:23.73 ID:zMqGy1vL0

編集に勝手に表現とか台詞回しを変えられることってあるの?

104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:30:30.12 ID:7oFeEq290

>>62
一応、ここはこうしたほうがいいっていう提示があるから
勝手に変えられるっていうのはない


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:05:44.83 ID:ffbKKY7C0

俺もいつかエロゲライターになりたいお

105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:31:10.23 ID:7oFeEq290

>>67
エロゲライターってめちゃくちゃ大変らしいから頑張って


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:06:48.93 ID:j+fkH/c50

いくらくらい貰えるの

106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:32:02.79 ID:7oFeEq290

>>69
本の売れ行きによるからなんとも
ぎりぎり食べていけるくらいとしか


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:08:34.48 ID:ftvFaZ1p0

好きな言い回しは?

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:36:26.27 ID:7oFeEq290

>>72
~で何が悪い


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:08:41.39 ID:VquY1CIM0

タイトルが小説の顔だと思うんだ。
だけど俺はその手のセンスが無いのだが、どういう風につけてる?

あと、いろんなジャンルは読んでいるのだが、歴史小説が大好きなせいか
書いてるとどうにも文章が古臭っぽくなってしまうのだが、
こういう影響を取り除く方法ってないもんかね。

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:36:26.27 ID:7oFeEq290

>>73
僕もタイトル付けるのは苦手だから友達とか編集に助けを求めてる
地の文を軽妙にしたいんだったら、一人称の練習をするといいよ


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:10:32.96 ID:QFB3zK9p0

複線の自然なつけ方って無いかな?自分の作品(漫画だけど)見返すとなんかあざとい感じがして…

111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:39:49.18 ID:7oFeEq290

>>76
話の流れに自然と組み込めるのが一番いいよね
自分で読んだ所で、結局自分が張った伏線だから違和感があるのは当たり前
他の人に読ませてみて感想貰うといいよ


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:11:45.59 ID:VquY1CIM0

あとやっぱり若い人の方がデビューとか大賞とかとりやすいのかな?
暗黙の年齢制限とかあるのかな?

112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:44:11.14 ID:7oFeEq290

>>78
若ければ若いほど有利ではあるけど
いい作品を書けるのであればよほど高齢でない限り関係ないんじゃないかな
同程度の能力の人が集まっていたら、そりゃ若い人を取るだろうっていう程度


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:13:00.57 ID:2HsOqT8o0

一応中学生くらいから目指してて(成人済)、時折書いては友達に見せてたりくらいで賞に出したことないんだけど
文芸社ってどうなの? なんでもいいって感じだから難しく考えないでかけるかなって思ってるんだけど

87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:17:22.18 ID:2HsOqT8o0

>>80
文芸社じゃねえ日本文学館だ

115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:46:18.33 ID:7oFeEq290

>>87
見てみたけど、なんだか売り出す気のなさそうな出版社っていうイメージ
あと、自費出版に関してはお金が余ってない限り避けたほうが無難


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:16:11.18 ID:H3VuZ0Hj0

プロットってどうやって書けばいいんですか?
何か勉強する上で参考になる本とかあったら教えて頂けませんか??

118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:48:45.40 ID:7oFeEq290

>>85
僕は参考書みたいなのは全く読んでないから、ググったほうが早いと思う


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:18:22.76 ID:edZK58kr0

もしかしてメフィスト賞関係?

119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:49:18.86 ID:7oFeEq290

>>89
ノーコメンツ


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:20:44.95 ID:0Np2YYIN0

映画は参考にしたりする?

125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:55:30.36 ID:7oFeEq290

>>92
映画はよく見る
小説1冊が大体映画2時間分に相当すると思うから
話の展開の持って行き方とか参考にしてる


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:20:51.61 ID:e/9xtr7jO

どうやったら言葉がたくさん出てくるようになる?作詞家目指してるんだけど、才能の問題かな?

125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:55:30.36 ID:7oFeEq290

>>93
僕は日頃から何かを見た時に言語化する癖をつけてる
まぁ、人それぞれではあると思うけどね


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:25:38.15 ID:V8d9CcJS0

630円の新品と550円の中古だったらどっちがいいと思いますか

130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:58:17.18 ID:7oFeEq290

>>101
断然新品


102: 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2012/03/19(月) 22:25:55.91 ID:uwmYJSPb0

俺、大学生工学部なのだがオススメの本一つお願いします

130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:58:17.18 ID:7oFeEq290

>>102
工学部学生に何を薦めれば……


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:27:25.59 ID:2ExLPZnG0

アルバイトしながら小説書いてる?

131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:58:58.17 ID:7oFeEq290

>>103
言うならライター業がアルバイト的ポジション


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:34:01.67 ID:/SdExZnJ0

キャラクター設定とか最初に細かく練る?
話書いてる途中で付加していくのか
最初からこのキャラはこうでこうでこうで
って完全に決めて書く?

134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:00:59.58 ID:7oFeEq290

>>107
最初に細かいところまで練る
そのキャラクターが知り合いにいるって錯覚するくらい細部まで練る


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:51:17.28 ID:HvL0mLDD0

漫画とか読む?
読むとしたら好きな漫画家、作品教えて

136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:06:40.49 ID:7oFeEq290

>>121
あんまり読まないけどそれ町が好き
最近読んだのではミスミソウが面白かった


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:51:58.17 ID:+Y69Y+Dy0

今更だけど
作家と証明できるものとかないの?

139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:09:54.16 ID:7oFeEq290

>>122
証明できるものはないね


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:52:58.19 ID:WrSPqBD+0

プロットってどの位まで書きこむ?
あと書くときにあると捗るものを何かハウツー本とか類語辞典とか

139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:09:54.16 ID:7oFeEq290

>>123
プロットを読めば自分以外でも物語を理解できるくらいまでは書き込む
類語辞典は勿論、風景写真集があると情景描写捗るよ


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:56:21.50 ID:VquY1CIM0

ラノベとかって読む?

普通に文章が上手いのってあるよね?
個人的にゼロの使い魔はびっくりした。
3人称でファンタジーとギャグと恋愛をあそこまで丁寧に描写できるのかって。

141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:12:19.35 ID:7oFeEq290

>>126
ラノベもちょこちょこ読むけど、最近の萌えを全面に押し出してるのはちょっと苦手

エロゲライターがラブコメファンタジーを書いた
って舐めてかかると面食らうよね、ゼロ魔は


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:57:05.93 ID:JGT3UABM0

「プロの小説家」って言い回しがまず胡散臭い

146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:14:31.73 ID:7oFeEq290

>>128
出版社から出してるから名乗っていいかなって……


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:59:25.10 ID:UCJMALB50

乃南アサとか東野圭吾が好きなんだけど、他にオススメの作家さんは?

147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:16:54.97 ID:7oFeEq290

>>132
前にも書いたけど森見登美彦
東野圭吾が好きなら京極夏彦とかはどう?


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:00:29.61 ID:/SdExZnJ0

執筆ソフトなにつかってる?
フリーソフトで事足りる?

147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:16:54.97 ID:7oFeEq290

>>133
MSのワードとテキストエディタ使ってる
フリーは使ったこと無いからわかんないけど十分戦えると思うよ


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:07:19.59 ID:aonqukJ6P

プロットはいくらでも思いつくのにそれを文章にする能力がない
どうやって練習すればいい?

148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:19:16.44 ID:7oFeEq290

>>137
全く文章が書けないなら、好きな作家の真似事から始めればいいと思う
やり過ぎると自分の作風がなくなるからほどほどにね


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:07:55.22 ID:RICsiaJG0

食い詰めないようにライター業にも精出しなよ

148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:19:16.44 ID:7oFeEq290

>>138
ありがとう頑張る


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:12:18.23 ID:e/9xtr7jO

比喩とかなんとか法ってどうやったらうまくなる?言葉に隠された裏の意味とか。

149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:21:54.28 ID:7oFeEq290

>>140
比喩は結局語彙力がものをいうから、多くの作品を読むのがいい
あとは、何かを言い表すときに漠然とした概念とかじゃなくて
具体的な「もの」を例に挙げて説明するように心掛けると上達すると思う

160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:41:50.11 ID:fYk2ioc+0

>>140
修辞は人の感性そのものだからなー
長期的には芸術的な感覚を鍛える方がいいのかもしれない
フランスで修辞学が熱いのもそういった原因なんだろう
レトリックを知識として知るなら佐藤信夫さんの著作
わかりやすいし何よりも日本の著作物に限定して解説してた気がする
また言葉の機能という側面からレトリックを知るには適当な言語学入門なんかを読めば良いと思う
語彙力は記号表現を決めるから文章を書く際は欠かせないものだけど
修辞に関して一番必要なのは詩人のような繊細な感性だと思う


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:13:39.65 ID:hiMmrtZB0

高2だが
現代文の成績上げたいけど、ナニ勉強すればいいの?

150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:22:32.75 ID:7oFeEq290

>>144
現代文の勉強とかしたことないからわかんないな……
ごめん

152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:24:05.48 ID:RICsiaJG0

>>144
現文の成績を上げるために必要なことは、小論や小説を正しく読み解く力ではない
題意の裏を読む、すなわち出題者の意図を読み取る力だ
頑張りたまえ少年


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:23:01.32 ID:7oFeEq290

こんなもんかな
それじゃ、寝ます


154:アドセンスクリックよろしくをお送りします:2012/03/19(月) 23:28:19.44 ID:nTKanQcl0

乙乙


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:28:41.52 ID:HvL0mLDD0




156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:30:26.90 ID:TzRsxg3h0

おつかれさま先生


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 23:25:12.18 ID:qGmaaDwS0

たまに居る才能持ちVIPPERか 


元スレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1332160871/